煌めきドクトリン

煌<KIRA>な日々 - 煌めきの基本原則
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | - -
フレーバー
軽い気持ちで5食入り。






根強いファンが居るということもあって、気になってたのです。






ヤムヤムトムヤム。






ヤムヤムは味の素のタイ現地法人なんですね。






トムヤムクン味のインスタント麺。






酸っぱ辛い(トムヤムクンなので当然か)のがクセになるという評判を見て、買ってみた。






で、食べてみた。






好きな人は好きだろうから地雷とは言わない。






ただ・・・、香草は苦手で・・・。







やっちまったな・・・。







ヤムヤムトムヤム 5食入り
ヤムヤムトムヤム







不味いわけではないんです。






ただ、合わないんです。






ハマる人はハマるみたいですよ。






あと4食。






欲しい方がおられましたら差し上げます。






話のネタにでも食べてみたいという方も歓迎。






さぁ、「くれ」と言うんだ!!






ちなみに、おやつ感覚の量です。






参考までに使う水の量で言うと、






通常のインスタント麺:水500〜550cc
件の麺:水360cc





です。










ハヒー
B級グルメ | 21:40 | author 煌<KIRA> | comments(4) | trackbacks(0) -
カレーとうどんのツープラトン
王道?




んなもん知るか。





美味しいかどうかだ。





私は初めて入ったうどん屋に、もう一度来店するかどうかの基準がある。





カレーうどん が美味しいかどうかだ。





ゆえに、まずカレーうどんを注文する。






天ぷらとか、生醤油とか、素うどんですらない。






美味しいカレーうどんを求めてやまない、この欲求。






・・・しかしだな。






理想とするカレーうどんを提供してくれる店がないのだよ。







かつてはあったのですよ。鴫野に。






しかし、もう無くなってしまったんです。






極端な話だが、一ヶ月ひたすらカレーうどんだけを注文するというプレイをしてました。






いつも昼時に現れるから、店に入ってから出てくるまでの時間がどんどん早くなってましたね。










というわけでですな!






ここのカレーうどんが美味しいぜ!!





という店があったら教えてください!!






求めるだけでは何なので、私も情報を提供。






谷町九丁目の「ふる里」





四天王寺から25号線をちょっと東に行った「喜久三亭 川福」





後者は麺が美味しいので、カレーに限らずGOODだ。








美味しいカレーうどんを探す企画に乗る方も同時に募集!





一緒にカレーうどんの美味しい店を探しませんか?

B級グルメ | 00:33 | author 煌<KIRA> | comments(2) | trackbacks(0) -
魔が差した
王将の餃子が好きだ。





王将の餃子。自宅にて。
王将の餃子








今は移転してしまったのだが、寺田町の駅前にあった王将が好きだった。







ここは餃子を離して焼くのです。







だから、ひっついてしまっている餃子同士を箸で離して皮が破れるようなことがない。







ここが特に好き。味も好き。






他にも店員さんが妙に味がある。






店長がベタな人で、会計の時に「は〜い、1億2千万円になりまーす」ニコニコ。






軽快。これも好きだった。






で、この店舗は二階建てで、私はよく二階で食べていた。






店員さんは二階席で注文をとるとマイクで厨房へ






「オーダー入ります!○○〜」






と伝えているのが聞こえる。







ここでお店の用語がありますよね。王将で働いたことはないので詳しくは知らないんですが、






炒飯→ソーハン

餃子→コーテル


数は イー、リャン・・・など。





店員さん「オーダー入ります!コーテル、イー!ソーハン、イー!」





という感じで変換して厨房へ伝えてくれます。






そんなある日・・・






店員さん「ご注文は?」







私「コーテル、リャン  ・・・      あ・・・」











もう遅い。店員さんはオーダーを厨房へ伝えに行ってしまった。








オーダー入ります!




ギョーザ、ツー!























エエエエエエええええええ!








・・・たまげたなぁ。








これだがらこの店はやめられない!!大好きだ!!

B級グルメ | 13:54 | author 煌<KIRA> | comments(2) | trackbacks(0) -
あれ?

じゃがいもをおろす。








玉ねぎもおろす。









カトッフェルプッファーを作ろうかと。








・・・・・・















小麦粉を水で溶く。











卵を溶く。









・・・・・・










生姜を刻む。









・・・・・・









キャベツを刻む。









天かすを入れる。









・・・・・・









なんでお好み焼きを作ってんだろうなオレは。
B級グルメ | 22:52 | author 煌<KIRA> | comments(0) | trackbacks(0) -
どちらがメインなんだ?

久々のBグル。




先日、仙豆 という中華料理屋に行った。




その日は日本橋方面に所用があったので、昼食を摂るにいい店はないかと食べ歩き系のブログを眺めている時に、その店を見つけた。




少々疑問ではあったが、写真にあったカツサンドが異様なほどに美味そう。





他のメニューも美味しそうだったので、行ってみることにした。





で、現着。





・・・・・・中華料理店だよな?





壁に「とんかつはお客様から注文を受けてから(略・・・」と写真付で、これでもかのとんかつ一押し。





「ご注文は?」




酢豚、と言いそうになったが、ここはとんかつを食べなければいけない気がしてきた。





いや待て。とんかつを押しているんだ。ここでとんかつを注文したら負けのような気もする。





しかし中華屋で中華を注文してはそれも負けのような・・・。





いったい何と闘っているんだ・・・。





というわけで、






とんかつ
仙豆のトンカツ




一押しのとんかつを戴くことにした。





パクッ










うめぇ!





他のメニューも気になる。





価格は良心的ですな。いや、あがり大丈夫か?と聞いていまいそうだ。





唐揚定食¥450とか・・・





ここは中華屋だとかどうでもいいや。美味しいが正義だ。






これはこちら方面に出てきた時はまた来たい。





久々のオススメ。






仙豆
大阪市中央区日本橋1-1-1
B級グルメ | 23:08 | author 煌<KIRA> | comments(4) | trackbacks(0) -
MO☆YA☆SHI 爆☆誕

育ちすぎだろ・・・




満タンMOYASHI





しかし買ってきたもやしと違って、すぐ傷まないのはいい。







B級グルメ | 14:02 | author 煌<KIRA> | comments(0) | trackbacks(0) -
コメ ラヴ

オコメ ノ クニ ノ ヒト ダモノ





私の食事感は、お米が主役です。






おかずは、あくまでオカズです。






粋な脇役であって、それ以上ではありません。主役を食うことはないのです。






お米を美味しくいただける重要な要素なのでオカズを否定するつもりはありません。







それでも特に外食だとおかずが異様に多いと感じてしまいます。







おかずが多いのはありがたいことだとは思うのですが、私にとってはご飯が足りない。







なのでご飯は大盛りか、お代わり。







バランス悪いのは解ってるんですが・・・。米!愛してる!






昔々、学校に持っていくお弁当の内容は9割5分がご飯、残り5分がお漬物で、満足してました。







最近は極端なバランスを改善して、若干おかずを増やして、ご飯を減らすようにしています。








標準的な私の食事







ご飯(ちょっと雑穀入)・豆腐ともやしの味噌汁・鮭・白菜のお浸し・海苔・大根おろし。






ごくごく標準的な日々ごはん。






最近、大根おろしが美味くてたまらんです。






標準的な私のご飯の標高






お米はこれぐらいは食いたいですね。






漫画日本昔話に出てくるぐらいの盛り具合のご飯を食べたい。





ギャートルズのマンモス肉と並ぶ食べてみたい双璧。
B級グルメ | 20:07 | author 煌<KIRA> | comments(3) | trackbacks(0) -
定番
カレー粉と言ったら、これだよな。




S&Bカレー粉




最後に一振りすると美味さが違う。





ひさびさに小麦粉から作るかな。
B級グルメ | 20:16 | author 煌<KIRA> | comments(0) | trackbacks(0) -
王道

久々の王道・・・




立ち食いうどんだ!!





やー、外でうどん食べるの久々だわ〜。





なんかワクワクすっぞ!





天王寺はよく通るけど立ち食いは1回だけ跨線橋にあるところ(屋号失念)にしか入ったことなかったから、今回はホームにあるところにしよう。




というわけで天王寺うどんさん。



天王寺うどん
天王寺うどん





もう我慢できねぇ!!早速入店!





かきあげうどん&おにぎり
かきあげうどん&おにぎり




いただきまーす!




ずずー。





・・・ん?





カツオ効きすぎじゃないか?




・・・これは好みの問題か。




麺は・・・、ぼちぼち・・・。




四国のうどんに魅了されすぎたのか、イマイチ物足りなさを感じてしまう。




いやいや、立ち食いに求めるのはそこじゃない。




求めるのは、ある意味ジャンク!!そしてスピードだ!




注文から出てくるまで1分かかるようでは駄目だ。




そして味は2番だ!(失言)




立ち食いで考えれば及第点だが、シオヤの方が美味いと思う。天王寺にはないんだが。




久々の立ち食いでテンション上がり過ぎたかな。期待ハードルあげ過ぎたかもしれん。




もっぺん、落ち着いて来てみよう。


天王寺うどん
大阪市天王寺区悲田院町10-45 JR天王寺駅 阪和線ホーム
B級グルメ | 18:01 | author 煌<KIRA> | comments(0) | trackbacks(0) -
microwave
先日お好み焼きを食べたばかりなのだが、焼きソバが食べたくなった。



空腹時のソースが焦げる匂いの誘惑はたまらん。



無くなってしまっていたソースを買ったのでばっちりだ。



あ、でもウスターソースしか買ってないから、お好み焼きには適さないな・・・。とんかつソース(代用)買っとくか・・・。





まぁいい。本日のご膳だ。



やきそば&ご飯、味噌汁
やきそば定食



賛否両論、ここでは触れない。



私は焼きそばをする時は野菜を炒めてる最中に麺を電子レンジで袋のまま、破裂しない程度の時間チンする。(1分10〜20秒かな。袋はバンバンになる)



焼きソバは、この麺の「蒸し(もどき)」が重要だと思う。適度に水分が廻る。



レンジを持ってない時は野菜を炒めてる最中に麺を投入して少量水を入れて鍋蓋をして、「蒸し」をしていた。



電子レンジを買ってからは、手間がイロイロ省けてる。



おひたしなんかも野菜もレンジでチンした方が茹でるより早い。(3分30秒 - 500W が経験上最適だった)



野菜から出た水分は溶け出してる養分があるから捨てない。味噌汁等に投入。ビタミン云々は都市伝説でも構わん。



米も一度に五合(2/5はビタバァレー)炊いて小分けで冷凍、前述のお浸しも小分けで冷凍。



食事、弁当の手間はかなり省ける。時間がかなり違う。



もう面倒だから弁当箱を複数買って、弁当箱に詰めて弁当箱ごと冷凍。



通勤の時は楽。顔洗ったりしてる間に弁当準備OK。



一時期はひどかった。



朝、でかいタッパ(カレー屋さんで貰った)に米二合入れて、かつおみりんふりかけを振る。



以上。え?おかずは?なんて言うな。以上だ。



というしょっぱい(味じゃないよ)弁当の時期もあったし。



弁当箱に米、のみ。味付けのりを袋出さずに弁当箱と一緒に包む、これまたしょっぱい弁当の時もあった。



ありがとう電子レンジ。貴女が家に来てくれてから随分楽になったよ。



カレーこさえても冷凍(そしてレンチン)出来るから一週間カレー生活とかしなくてよくなったよ。



・・・まぁ、慣れてるから同じメニューが続くことが苦痛ではないんだけどさ。



こういう時だけは貧乏育ちに感謝かもな。食えない時もあったんだしな・・・。



現在でももやしは戦友だ。



オーブン機能なんて無くても十分やってけるよ。



未だに食パンはガスコンロの魚焼きコンロでやってる。油断すると炭化するので注意。



私の電子レンジはリサイクルショップで買ったから安かった。¥3,000ぐらいだったような。



費用・手間・時間を節約したいなら、大きい冷凍庫(冷蔵庫)、電子レンジは投資と思って買った方がいい。



その日その日で食事を買うことを考えたら、すぐに償却出来る。ま、今更ですが。
B級グルメ | 05:56 | author 煌<KIRA> | comments(0) | trackbacks(0) -
  • 1/3PAGES
  • >>